ホワイトまたはブラックボードのオーダーのメリット

ブラックボードはいわゆる黒板のことで、連絡事項や伝達事項などを記入し、提示することによって相手に伝えるというものです。基本的に文字の絵を繰り返し記入し、消したりすることを前提としているものであり、このため一時的に表示することが目的になります。一般的に黒板に使われるものは、チョークで書き、黒板消しによって消します。一方でホワイトボードは、アルコール性インクを用いて記入し、消すことが可能なもので、その目的は黒板と同じです。しかし、黒板には独特の風合いがあるため、今でも広く黒板が用いられており、その用途のひとつが、店舗などに設置するものです。特に需要が多いのは飲食店ですが、多数の利用者があるホテルや旅館などのほかイベントホールなどの案内などに使われており、既製品からオーダー商品までさまざまなものが販売されています。

ブラックボードとホワイトボードの種類

ブラックボードといえばチョークで書くものが一般的で、ホワイトボードはアルコール性インクのマーカーで書くものが一般的ですが、実際にはそれぞれの枠を超えたボードが販売されています。例えば黒板といえば黒色かグリーンが一般的ですが、ホワイトやレッド、ブルーといったものが販売されています。またホワイトボードでも同様でベースの色はバラエティに富みます。ベースの色を変えることで表現性を高めることができるのがメリットといえます。また近年はチョークとマーカーの両方に対応したものもあり、チョークとマーカーの特徴をあわせた図柄を描くことが可能なものもあります。基本的には平面な板ですが複数の板を組み合わせることで立体的なものもありますし、またサイズオーダーを行うこともできます。

オーダーメードするメリットについて

ボードの多くは既製品を購入するのが一般的ですが、オーダーで作ることも可能です。オーダーで作るメリットとしては、ひとつは大きさを自由に出来るので壁に組み込んだりするさいにはみ出したり、足りないといったことを避けることができ、壁いっぱいにボードを配置するといったこともできます。またボードの枠を工夫することで周囲の注意を惹くことができます。耐久性を求めるのであれば、金属製のものが良いですが、見た目の温かみを求めるのであれば、木製の枠にするとその効果を得ることができます。またオーダーであればボードに罫線や文字入れを行うことも可能です。例えばお店の文字を入れておけば、屋外に設置しても盗難防止になりますし、スケジュール表などを効率よく書くことが可能になります。